TOPへ戻る

COLUMNコラム

品川区でラーメンを堪能するなら【ぶらぶら】まで!こだわりの麺と〆のスープがおすすめ~中華麺に使用する「かん水」とは?~

かん水はモンゴルから日本に伝わった副原料

かん水はモンゴルから日本に伝わった副原料

かん水は、中華には欠かせないものです。かん水と小麦粉を混ぜ合わせることで弾力性を持たせることができ、中華麺特有の風味や色合いを作り出すことができます。

かん水は塩湖のアルカリ塩水を使った製麺技法がモンゴルで発見されたのが始まりと言われ、麺類の伝播と共に日本に広がったとされています。

店舗によってもかん水の割合や成分は異なりますが、炭酸ナトリウム・炭酸カリウム・リン酸系のカリウム塩やナトリウム塩のうち、いずれか1つ以上を含むものを指します。

日本では、「小麦粉にかん水を加えて捏ね上げ製麺したもの」を中華麺の定義として公正競争規約に定めています。

ラーメンは品川区にある油そば専門店【ぶらぶら】で
~麺にこだわった油そば~

品川区ラーメンのお店をお探しなら、油そば専門店の【ぶらぶら】へお越しください。油そばはラーメンの1種ではありますが、スープは入れずどんぶりに麺・タレ・油を入れて全体を馴染ませて食べる料理です。

【ぶらぶら】が使用している中華麺は、50年以上製法を変えていない伝統のある麺です。この麺と絶妙なバランスのタレや油を合わせることで、美味しい油そばに仕上がります。都内でしたら、品川区にある北品川店をはじめ赤坂店や新宿店、京橋店などがあります。お気軽に足をお運びください。

品川区でラーメンを食べよう!〆のスープも人気の【ぶらぶら】

品川区でラーメンを食べよう!〆のスープも人気の【ぶらぶら】

品川区でラーメンを食べるなら、〆のスープも人気の【ぶらぶら】をご利用ください。油そばと言うと、脂っこくて胃がもたれるなどのイメージをお持ちの方もいると思います。

【ぶらぶら】の油そばは、最高級の鰹本枯れ節をふんだんに使用した秘伝のかえしと数種類の高級油をブレンドして作り上げた特製油、そして50年以上製法を変えていない伝統の特製中華麺を合わせて仕上げています。

油そばの脂っこさを感じることなく美味しくお召し上がりいただけます。麺を食べ終えた後は、〆に熱々のスープをご堪能ください。〆スープに御飯を入れて食べるのもおすすめです。

お役立ちコラム

品川区でラーメンを食べるなら【ぶらぶら】へ

店名 油そば専門店 油``油`` ぶらぶら(北品川店)
所在地 〒140-0001 東京都品川区北品川2-26-21
TEL 03-6433-1401
URL http://bura-2.com